フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ベートーヴェン:Sym.5 1926 フルトヴェングラーセンター

ベートーヴェン:Sym.5
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1926.10.16、30、1927.1

フルトヴェングラー・センター
WFHC-021/022

CD1
ブランスウィック盤(25005-25009)を蓄音機HMV194で、ビストロ・ベルランにて再生空間収録。
盤ごと再生版と、繋ぎ版の2バージョン。

CD2
ポリドール盤(69855-69859) 再生ライン収録。
盤ごと再生版と、繋ぎ版の2バージョン。
繋ぎ版 6:16 11:04 5:32 8:46

1926年、フルトヴェングラーの初録音の一つ(ウェーバー「魔弾の射手」序曲と並ぶ)、名録音。
最初期SP盤そのものの良い音で、より万人にと願っていたので朗報である。

CD1について、会報より抜粋。
「東京、新橋にあったフランス料理店のその大理石のフロアに置かれていた蓄音機の再生音が、そのレストランのもつアーチ型の天井に響く音も含めて、これまでになかった音でこのレコードを再生。その蓄音機による再生音を最良の音で収録。」
その会場で鳴っている雰囲気、空気を感じることができる。これはこれで好企画。

GREENDOOR GDCS-0023の蓄音機 クレデンザによる再生空間収録と比べてみるのも面白いかも。

CD2、音質については、日本フルトヴェングラー協会WFJ-18との比較になる。
第1楽章のピッチはこちらが正常か。その分WFJ-18よりも落ち着いた雰囲気となる。
音色やVnの浮揚感、音の鳴りの良さは、WFJ-18が勝るように思われる。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2010-07-27 12:54 | Beethoven Sym.5