フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ベートーヴェン:「田園」 1944.3 フランス協会

d0135647_1322460.jpgフルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1944.3.22/23

ベルリン 国立歌劇場でのライブ

フランス・フルトヴェングラー協会
SWF-901

返還テープ系音源。
かなりのステレオ・プレゼンスをつけている。
それでも不思議なことに、MELODIYA盤のようにマスクされた上にドンシャリのボテッとした音と音色ではない。
各々の楽器が密度のあるしっかりとした音色で鳴り、高低の分離も良い。
Vnの艶やかで伸びやかな音色と空間はベストであり、全体としてクオリティの高さがある。
フランス協会CDの中での成功例。

MELODIYAは、ドンシャリ音であり、米協会(日本コロンビア製)は、ハイカットローカットが強度で、かさついた音になってしまっている。

第1楽章の「大きく羽ばたく歌」。
第2楽章、テヌートの連続に、オーケストラの美しいサウンド。
第3楽章、緩急強弱の対比は極大で、独特であるが、作品の造形に根ざしたもので説得力がある。
第4楽章、Tiの打ち込みの凄さとピッコロの鋭さは古今当代随一ではないか。
第5楽章、生命力に富み、歌心に満ちている。第1主題の清らかなVn。
宇野功芳氏は第2主題のアッチェレランドは「猛烈で」、「縦の線が乱れすぎ格調を落とす」とのべているが、スーと引き込まれるようなギアチェンジなので、決して「猛烈」ということはないし、アンサンブルも大崩はしていない。その後の低弦の慈しむようなフレーズは、品位と品格を与えている(あるいは回復している)。

もっと高く評価されて然るべき演奏とCD。

Coupling
弦楽四重奏曲第13番第5楽章「カヴァティーナ」弦楽合奏版
(フルトヴェングラー編曲) 
ベルリン・フィル 1940.10.15
「田園」以上のステレオ・プレゼンスで一種異様なサウンドではあるが、厚みのある弦楽合奏に引き込まれてしまう。

レオノーレ第3番 ウィーン・フィル 1944.6.2
軽度なステレオ・プレゼンス?
DG、DELTAともに音が良い。
元々の音質が戦時中録音の中では最高に良い。「フルトヴェングラーは音が悪い」との誤解に反論できる音質の1枚。この音質も1944年とは思えないほどに鮮明である。
[PR]
by furtwanglercd | 2008-04-21 13:00 | Beethoven Sym.6