フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チャイコフスキー:交響曲第4番 DELTA

d0135647_17324162.jpgフルトヴェングラー/ウィーン・フィル

1.チャイコフスキー:交響曲第4番
1951.1
ムジークフェラインでのスタジオ録音
2.弦楽セレナードより
「ワルツ」と「終曲」
1950.2.2
ブラームス・ザールでのスタジオ録音

DELTA
DCCA-0052

1.ALP-1025
2.QALP-10250
盤起しであるが、いわゆる「第2世代」と呼ばれるものであり、エンジニアの緻密な作業によって、楽音を損なうことなくノイズのみを軽減している。

各楽器の音と音色は整然と整理されているかのようで、本来あるべき音と音色があるべき姿で響いてくる。
音に込められた力(威力、生命力)がよく再現され、スタジオ録音でありながら、熱いレコーディングであったことが感じられる。
弦楽セレナーデは、会場の違いがよくわかる。厚くそれでいて美しい弦楽合奏。巨匠のタクトを身近に感じることができる。
フィナーレの高音の美しさ。低弦の威力、その高低の明瞭さはステレオ録音と遜色がない。

チャイ4と聴いて、フルトヴェングラーを挙げる人はごくごく少数だろうが、
この演奏は、均整のとれた、美しさと力を併せ持つ名演であり、もっと高く評価されて良いと思う。
録音も巨匠の録音物の中では最上級の部類に入る。
東芝TOCE-6060、ブライトクランクのTOCE-9364/8も、音は良いが、前者はモノクロトーン。
[PR]
by furtwanglercd | 2008-10-03 23:31 | Tchaikovsky