フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フルトヴェングラー 2008年 リスニングCD ベスト15

d0135647_1740638.jpgフルトヴェングラー
2008年発売CD以外で、この1年間に聴いたCDの中からのベスト15

1.「ウィーン芸術週間の第9」
(1953.5.31)
  日本フルトヴェングラー協会
  WFJ-10/11

2.シューベルト:「ザ・グレイト」
  (1953.9.15) 
  同 WFJ-13/14
3.フルトヴェングラー:Sym.2(1954.3.30)
  同 WFJ-951/2
4.ブラームス:Sym.2 LPO(1948) VENEZIA V-1018
5.ブラームス:Sym.3(1954.4.27)
  /シューベルト「未完成」(1952.2.10) DG(西ドイツ製)
6.バルトーク Vn.con. ISLANDPROS SD-1201
7.「トリスタンとイゾルデ」第2、3幕(1947) CETRA CDE-1046
8.ベートーヴェン:「田園」(1944) フランス協会 SWF-901
9.ブルックナー:Sym.8(1949.3.15) KING KICC-2352
10.ブラームス/メンデルスゾーン:Vn.con KING KICC-2299
11.ベートーヴェン:Sym.5 ローマ KING KICC-2346
12.「ニコライ・コンサートの第9」(1952.2.3)DISQUES REFRAIN
13.ブラームス:Sym.3 (1954.4.14) KING KICC-2350
14.ブルックナー Sym.7,2st 日本フルトヴェングラー協会 WFJ-17
15.ブラームス:Sym.4(1949.6.10) KING KICC-2113

2008年1月と2月に連載したRXシリーズは未所有のため除外。

みな「音の良い」ものである。当方にとって「音が良い」とは、ここに上げられているCDに聴けるような音のことだ。
1、2は東芝製。軽度のステレオ・プレゼンスにしているが、自然な空間、臨場感、音色で成功している。
3は、「収録した南ドイツ放送協会から提供されたマスター録音に操作を加えず、原音を最忠実にCD化」とある(が、微細にステレオ・プレゼンスを加えている?)。
共通しているのは、マスターテープの質が高いことと、エンジニアが「フルトヴェングラーの音」を再現するにたる研究力と感性を持っていることだろう。
最近のフルトヴェングラー復刻CD各メーカー製作担当者に研究してもらいたい音だ。

4は、黄金色に輝く音色での明朗明瞭なサウンド。最新の某メーカーの暗い重厚な音とは対照的。
5、6は音質良好で定評がある。6は鮮明で演奏の美しさと迫力を新たにする。
9、10、11、13、15のKING(SEVENSEAS)も音は良いではないか。
10は何枚も聴き比べることになったが、結局はこれが最高だった。
11も駄演と言われるが、音は良い。演奏も悪いわけではなく、巨匠の各フレーズの創造の妙味を聴くことができる。

2007年版
2006年版

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
[PR]
by furtwanglercd | 2008-12-15 23:53 | 2008