フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

1953.5.30とされる「第9」の改謬問題

フルトヴェングラー/ウィーン・フィル
1953.5.30 表記

ドリームライフ
RIPD-0003(HQCD仕様)

従来、5.31(DG、ALTUS、MEMORIESでは5.30と表記)されてきた演奏を編集によって改謬したのではないかとの嫌疑が持ち上がっている。

従来の演奏とは別演奏であることを示す点。
第1楽章、従来盤では、24小節(最初のff)、Vnが楽譜通り、32音符が生かされ、ザザーンと二段構造の音になるが、DREAMLIFE盤では、ザーンと、32音符が生かされていない。
295-296小節のTiの追加。
第2楽章、従来演奏では、415小節(トリオに入る部分)に大きな明瞭な咳、422小節の咳、トリオが終わったところの咳があり、MEMORIESでは、 5:01 、5:08 、8:17のタイム。
DREAMLIFE 盤では、415小節(4:53)は咳ではない異音(編集の可能性と疑える)、422小節(5:00)に咳はあるが、トリオの終わったところの咳はなく、トリオが始まってから、8:19に咳がある。
第4楽章、206-207小節のTiの楽譜通りの演奏。
840小節のテノールのミス(「sanfter Flugel」と歌うべきところを「Flugel sanfter」としている)。

他、フレージングやアゴーギグ、間合いなど。

聴けば聴くほど、従来の5月31日演奏に似ているという方もおられるが、
当方は、聴けば聴くほど、従来の演奏とは異なるように感じる。
以上の点からすると別演奏であろう。
問題は、上記の点を編集しているのか、そしてそれが可能なのかという点になるだろう。
ドリームライフのホームページを見ると、5月30日とした根拠が示されているので参照されたし。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
[PR]
by furtwanglercd | 2009-02-16 12:13 | Beethoven Sym.9