フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シューマン:交響曲第4番/フランク:交響曲 WING

d0135647_17204615.jpgWING
WCD-202
フルトヴェングラー
2つのニ短調交響曲

1.シューマン:交響曲第4番
ベルリン・フィル 1953.5.18
16063LP(31776STS、31777STS、17.6.53)(10インチ、25cm)盤起し
+「第2世代」復刻によりノイズ軽減。

すばらしい音だ。
柔らかくしっとりとした音。洗練された音がダイレクトに響いてくる。これまではぼやけた寝ぼけた音を聴いていたのだ。
重厚明瞭な低域と、浮揚する妖艶な音色の高域。アッチェレランド部分の切れ込みの凄さ。そのままの迫力の迫真の音。

この演奏は、中学時代にエアチェックして以来、マイライブラリーから外れたことがない。DG OIBPのCDを購入したときに、音の細さに疑問を持ち、その後、満足できる音を求めて探訪することになった。
が、決定盤の登場で、安心して、演奏そのものに浸れることになった。

2.フランク:交響曲 ウィーン・フィル 1945.1.29表記
VOX LP(PL7230、Mat:XTV16004/5)盤起し
+第2世代技術によるノイズ軽減。

これも凄い。1945年録音なのに、音がすばらしく良い。
エンジニアノートに、「大きなノイズが無くなって現れてきたのはウィーン・フィルの明るい音色と緻密で優美な弦楽合奏、木管楽器やホルンの味わい深い響きであった。」
と述べられているが、その通りである。
柔らかく、美しい音で、これまでのCDからベールが外され、そのときの音がダイレクトに伝わってくるようだ。会場の座席にいるような迫真の音、楽器本来、当日本来の音であろう。
これほどまでに深く美しいサウンドであったのだ。

主な同演異盤CD
テープ系
1.フランス協会 SWF-902 ORF ワウあり。△
2.DG(日本) POCG-2340
 ワウをノイズリダクションで補正 SWF LP盤越し部分ありとのこと。△
3.KING KICC-2218 テープ+盤起しとのこと。 △
4.DG 474030 エミール・ベルリナー スタジオでのリマスター
 SWF LP盤起し部分あり。
POCG-2340より鮮明。○
5.DANTE ×
6.ARCHIPEL ×
盤起し系 いずれもVOX盤起し
7.MYTHOS NR-5005
 ダイナミックレンジ一定で強弱の幅が狭い ×
8.VENEZIA V-1018
 ふくよかで柔らかな音、色彩感ある高音 ☆
9.DELTA DCCA-0002
 8よりやや音は細い ☆
10.GRANDSLAM
 ダイナミックレンジ狭い、暗めの音 △
盤起し系 他
11.日本フルトヴェングラー協会 WFJ-44/45 JP-1128盤起し ×
盤起し+ノイズ軽減
12.WING WCD-202 ☆
[PR]
by FurtwanglerCD | 2009-07-06 23:20 | Schumann