フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Brahms Sym.4( 3 )

d0135647_17412978.jpg日本フルトヴェングラー協会
WFJ-65/66

フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
ヴィースバーデン・コンサート
(1949.6.10)

プフィッツナー:歌劇「パレストリーナ」より3つの前奏曲
モーツァルト:Sym.40
ブラームス:Sym.4

ボーナス・トラックとして、
モーツァルト:Sym.39(1942/43演奏と1944.2.7/8演奏の2種類)

どれも音が良い。
ヴィースバーデン・コンサートは、マスターテープからのCD化で殊のほか音が良い(マスターテープかそのコピーを協会が所有しているということだろうか?)。
当日の演奏を、マスターテープ音源でこれほどの音で聴けるのはうれしいことである。

プフィッツナーの曲は、曲にもよるが、フレーズの立ち上がりとエンディングが会場の空気に溶け込んでいて、巨匠のタクトの動きを感じることができるのではないだろうか。

ブラームスの交響曲第4番は、
「同曲の博士の全録音中、熱気を孕んだ緊迫力、強弱の振幅とスケールの大きさ、息詰まるような即興性など巨匠の特徴が最高度に表れた演奏」
と評価されており、臨場感ある良い音で聴くことができる。
演奏については、こちらも参照。

ボーナス・トラックとして、モーツァルト39番の2演奏を聴けるのも好企画。
この2演奏も音が良い。盤起しではなくテープ音源。所有所蔵先については不明。
[PR]
by furtwanglercd | 2008-11-14 23:54 | Brahms Sym.4
d0135647_17315553.jpgブラームス:交響曲第4番
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1949.6.10
ヴィースバーデンでのライブ

KING
KICC-2113

当演奏の原体験は中学2年の時。日曜朝のNHK-FM 吉田秀和氏の番組(Mさんは1978年か79年と述べている)で流されたものをエアチェックし、演奏そのものはよくわからなかったが、何度も聴いたものだ。
だから、「ブラームスの4番」と言うと、当演奏と、「ティタニア・パラストのブラ4」が個人的には規範演奏となっている。

Mさんも次のように述べている。
「僕もその吉田秀和さんの日曜朝のFM番組で、ヴィースバーデンのブラ4を初めて聞いて衝撃を受けました。吉田さんの解説とともに、何度も何度もエアチェック・カセットをしばらく聞いていました。この演奏での曲の入りの深遠さを吉田さんにしては珍しく熱く語られたような記憶がずっと残っていて、今でもこれを聴くときは居ずまいを正し耳をそばだててしまいます。FM雑誌で調べてドイツ協会のLPが使われたことはわかったものの、当時は手に入れる術がなく悔しい思いをしました。ですから僕も原体験はFMのエア・チェックであり、LPでは翌年か翌々年のワルター協会の日本コロンビア盤で聞いていました。
キング盤CDはM&A音源ですから、日本コロンビアから2枚組でその時のコンサートを丸ごと納めたかたちで、LPフォーマットで出ていたのと同じです。元々デッド気味な音でしたが、もう少し音に厚みはあったと思います。送られてきたテープの世代差なのでしょうか?」

当演奏は、TAHRA、Elaboration、OTAKEN(CD-R)、独仏協会と聴いてきた。
デッドな音はどれも共通。それでも当KINGが、最も自然なサウンドで、昔日から耳に残っている音に最も近い。

日本フルトヴェングラー協会次回頒布は、ヴィースバーデンコンサート全プログラム。
[PR]
by furtwanglercd | 2008-07-23 23:31 | Brahms Sym.4
フルトヴェングラー/ウィーン・フィル
1950.8.15
ザルツブルク音楽祭でのライブ

ウィーン・フィルの弦楽器群をフルトヴェングラー流のアリア的に大きく歌わせており、
ベルリン・フィルとの演奏とはまた別の趣きがある。

MUSIC&ARTS
CD-258

日本コロンビア DENON製。

楽章間のインターバルもすべて収録されている。
ワイドレンジは狭いが、音圧は高く、音に厚みがある。
Vnの音色は明るく煌びやか。
NOUVAERA盤に比べると幾分デジタル的で、ドライな音。
第1楽章、0'52-1'10 ゴースト音的であるが、音量はそのままに保たれている。
ウィーン・フィルの豊潤なサウンドを聴くには音は貧弱ではあるが、決して悪いわけではなく、聴くほどに味わいがある。
[PR]
by furtwanglercd | 2008-05-03 00:00 | Brahms Sym.4