フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Beethoven Sym.5( 10 )

ベートーヴェン:Sym.5
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1926.10.16、30、1927.1

フルトヴェングラー・センター
WFHC-021/022

CD1
ブランスウィック盤(25005-25009)を蓄音機HMV194で、ビストロ・ベルランにて再生空間収録。
盤ごと再生版と、繋ぎ版の2バージョン。

CD2
ポリドール盤(69855-69859) 再生ライン収録。
盤ごと再生版と、繋ぎ版の2バージョン。
繋ぎ版 6:16 11:04 5:32 8:46

1926年、フルトヴェングラーの初録音の一つ(ウェーバー「魔弾の射手」序曲と並ぶ)、名録音。
最初期SP盤そのものの良い音で、より万人にと願っていたので朗報である。

CD1について、会報より抜粋。
「東京、新橋にあったフランス料理店のその大理石のフロアに置かれていた蓄音機の再生音が、そのレストランのもつアーチ型の天井に響く音も含めて、これまでになかった音でこのレコードを再生。その蓄音機による再生音を最良の音で収録。」
その会場で鳴っている雰囲気、空気を感じることができる。これはこれで好企画。

GREENDOOR GDCS-0023の蓄音機 クレデンザによる再生空間収録と比べてみるのも面白いかも。

CD2、音質については、日本フルトヴェングラー協会WFJ-18との比較になる。
第1楽章のピッチはこちらが正常か。その分WFJ-18よりも落ち着いた雰囲気となる。
音色やVnの浮揚感、音の鳴りの良さは、WFJ-18が勝るように思われる。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2010-07-27 12:54 | Beethoven Sym.5
ベートーヴェン
Sym.5
Sym.6「田園」
1954.5.23
ティタニア・パラストでのライブ

SPECTRUM SOUND
CDSM008JT
ドイツ・フルトヴェングラー協会LP
F666.310-11 盤起し

当LPはステレオ・プレゼンス付加なので、当CDも同様と思われる。

同演異盤CDでは、NOUVA ERA、日本協会WFJ-12、DELTA、AUDITEとの比較になる。
やはり、くぐもった音で、音の抜けと伸びは詰まっている。
AUDITEよりは音の密度と音色はある。
前2者に聴ける、音の伸びと抜けの良さ、生々しさや空気感は聴けない。

「田園」の当LPに関しては、ちょうど届いた、日本フルトヴェングラー協会報2010年6月、平田治義氏の文章で次のように述べられている。
「(独協会LPは)オリジナルとも思える録音に少し難点があるのが惜しまれる。
音質は木管が美しく全体として鮮明であり上々であったが、僅かに高弦でざらつきがあり、第2楽章では低音に少しゴロが感じられ、第3楽章最初の2音が欠如しているほか、終楽章では音量が不足する等の不備が(ある)。
WFJ-12、バランスは悪くなく低音も良く入っているが、中音域が僅かに不足気味。
NUOVA ERA 013.6300、低音はよく入っているが、エアチェックによるものか途中で音量が小さくなるという不備がある。」

CDでは、第3楽章冒頭2音の欠如はそのまま。
終楽章での音量低下は修正しているようだ。

演奏はどちらもすばらしいので、少しでもオリジナルに近い音で聴きたいものだ。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2010-06-24 23:57 | Beethoven Sym.5
d0135647_17262352.jpgWING
WCD-203
フルトヴェングラー
グレードアップ・シリーズ
今回も「第2世代」復刻。

1.フランク:交響曲 ウィーン・フィル
 1953年12月スタジオ録音
 
 英DECCA社の初版盤LP、
 LXT-2905(Mat:ARL1963-1A,1964-2A)盤起し。
 
 解説より。
 「このDECCA社のLPは当時の最高水準の技術で録音されて(いる)。当時DECCA社が採用していたffrrの録音特性を考慮し、再生イコライザーを吟味して収録した。ウィーン・フィルならではの木管楽器やホルンの味わい深い響きはより一層鮮明となり、第2楽章冒頭の弦楽器のピチカートにおける音場感とイングリッシュホルンのニュアンスの豊富さなどは後発のLPやCDからは聴けないものである。「究極の手段」を用いて注意深く盤面のイズの軽減に努めている。」

 これまでのCDよりも音が鮮明で鮮度が良く、各楽器の情報量が多い。録音優秀というのはこれでこそわかる。ムジークフェラインのホールトーン、楽器の音色がそれぞれしっかりしており、柔らかい音。弦を擦る音や、チューバなどの奏者の呼吸もわかるほどのリアリティさ、奥行きと立体的な空間など、眼前でのレコーディング風景を聴くようですばらしい。Vnは艶やかで美しく、これがこのときの最高のウィーン・フィルの音。

2.ベートーヴェン:交響曲第5番 ベルリン・フィル 1943年6月 放送用録音
解説より。
「リガでプレスされたガスト56規格のレコードで音楽評論家浅岡弘和氏秘蔵版」より復刻。
「このリガプレス復刻盤の鮮明で硬さのない中高音(高音の繊細感では最も優れている印象)と自然で豊かなホールトーン。

 音は柔らかくまろやか。各楽器の音色と分離が明瞭。
第1主題後のホルンや第2主題などとろけるようなふわりとした音。
展開部、運命動機の最後の音を伸ばしている部分も音の空間がよくわかる。
再現部のffとティンパニは迫力があり、迫力と美しさが際立つ。

 どちらもすばらしい音で、巨匠とその当時最高のオーケストラの音を聴ける。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2009-10-05 23:24 | Beethoven Sym.5
d0135647_125498.jpgフルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1954.5.23
ティタニア・パラストでのライブ

落ち着きと熱狂、静謐さとエネルギッシュさ、相反する要素が楽想に合わせて的確に捉えられている。巨匠の同曲演奏の完成された姿はこうであったのだと思う。

日本フルトヴェングラー協会
WFJ-12

RIAS音源。東芝製。
軽度なステレオプレゼンス
WFJ-13/14(1953.9.15のグレイト)と音作りは同じだが、そちらにはない持続ノイズがあり大きい(Sym5はNUOVAERAも同じ)。
楽音は豊かで、各楽器の音色は柔らかく、明瞭。
ワイドレンジは適度で、ダイナミックレンジは広く、臨場感がある。
ノイズを取り除くと、TAHRAのメタリックな無機的な音になり、
軽減するとAUDITEの音色均質化になってしまうだろう。
RIAS音源を、ステレオプレゼンスしているが、他は手を加えずそのまま音にしているようで、当時の製作チームの見識の高さが伺える。

NOUVAERA、RIAS音源コピーからのそのままのCD化 〇 
WFJ-12、RIAS音源コピー+ステレオ・プレゼンス ☆
DELTA、RIAS音源コピー+α △
TAHRA、RIAS音源コピー+強度のステレオプレゼンス ×
TAHRA再販、RIAS音源コピー+ノイズカットに伴い楽音もカット ×
AUDITE、RIAS音源コピー+ノイズ軽減に伴い音色も減退 ×
[PR]
by FurtwanglerCD | 2009-08-26 12:50 | Beethoven Sym.5
フルトヴェングラー
ベートーヴェン
Sym.5(1954.5.23)
 ベルリン・フィル
Sym.1(1952.11.29)
 ウィーン・フィル

DELTA
DCCA-0055

Sym.1の開始前と終演後の拍手、楽章間のインターバル収録、
Sym.5の持続するノイズ、第3楽章38秒付近の音の歪み、3分48秒以降の人の声のようなノイズ、などから、NUOVA ERAと同じテープ音源と推測される。

Sym.5
音色が良い。Vnの音色は明るく美しい。ホルンやTrpもリアルな音。
第1楽章第2主題や第3楽章のVnの浮揚感も格別。
低域は、自然な音色と大きさで、迫力ある仕方で鳴ってくる。

Sym.1
エネルギッシュな名演で、もっと高く評価されて然るべき演奏。
こちらはムジークフェラインに響くウィーン・フィルの音色。

Sym.5(1954.5.23)の同演異盤CD比較
1.NUOVA ERA 013.6305(013.6300(6CD))◎
2.日本フルトヴェングラー協会 WFJ-12 ☆
3.VIRUTOSO 2697192(国内盤は FV-3004) 音色なし ×
4.TAHRA FURT-1008/11(FURT-1009に収録) 残響付加 △
5.TAHRA FURT-1032/3(3演奏)=FURT-1009 △
6.TAHRA FURT-1054/7 残響なし 音色なし ×
7.TAHRA FURT-1067/70(FURT-1068) 6とは異なる ×
8.EMBLEM E-F4003 △d0135647_15233765.jpg
9.MUSIC&ARTS CD-869(2CD=CD-4869) デジタル的 ×
10.M&B=MUSIC BRIDGE MB-4301(6CD、CD-R) ☆
 日本協会同様のステレオ・プレゼンス。音が良い。自然な素の音。会場の臨場感、空気感あり。
地鳴りのような低域の解像度が高い。
11.DELTA DCCA-0055 〇
[PR]
by furtwanglercd | 2008-12-26 23:44 | Beethoven Sym.5
d0135647_1713296.jpgフルトヴェングラー/ウィーン・フィル
1950.9.25
ストックホルムでのライブより

1.ハイドン:交響曲第94番「驚愕」
2.シベリウス:交響詩「伝説」
3.ベートーヴェン:交響曲第5番

KING
KICC-2119

1.後のスタジオ録音よりも、ライブならではの熱気と力が漲っている。
「驚愕」部分も、当然、聴衆を意識してか、聴こえるか聴こえないかの「かすかなピアニシモに一度落としてから、雷鳴のようなアタックを繰り出している」(ジョン・アードイン「フルトヴェングラー グレイトレコーディングス」(藤井留美訳))。

2.戦時中のベルリン・フィルとの「畢生の名演には及ばない」(同上)との評価もあるが、ウィーン・フィルならではの絹のような柔らかなサウンドが生かされた名演だろう。
事実、ピーター・ピリーは「並外れた演奏」と評価している。
柔らかで高貴な弦楽器の音色によって、哀感あるメロディーが紡がれて行く。クライマックス部分のうねるようなVnのフレーズからTiの怒涛の打ち込みへと、美しいところは美しく燃えるべきところは燃えている。

3.後のスタジオ録音による細部に至るまでの完成された彫刻と言うわけにはいかないが、確かな造形のもと、各フレーズがしっかりとしっとりと描き分けられて行く。

当CDは、MUSIC&ARTS盤と同じく、スウェーデン放送のディスクから製作されたテープ音源。後者よりノイズは大きいが、その分、音はこもらず前面に出てくるし、音色感もある。

「ストックホルムの第5」の同演異盤
1.PALETTE PAL-1024
  盤起し。まさにLP再生そのものと言えるような良い音。☆
2.MUSIC&ARTS △
3.KING KICC-2119 △
4.MUSIC&BRIDGE MB-4602(CD-R)
  盤起し? 1より音は粗く、分離も悪い。△
5.フルトヴェングラー・センター WFHC-009/010 
[PR]
by furtwanglercd | 2008-08-26 23:12 | Beethoven Sym.5
d0135647_1802057.jpgベートーヴェン:交響曲第5番
フルトヴェングラー
/ローマ・イタリア放送交響楽団

1952.1.10
ローマ RAIスタジオでの録音

KING(SEVENSEAS)
KICC-2346

全楽章、フルトヴェングラーの同曲演奏の中で最も遅い。
諸井誠氏曰く、「お世辞にも名演とは申せず、これはむしろ迷演の部類」。
アードインは、「興味を持てない演奏のひとつ、演奏全体も一度として輝く瞬間がない」
(「フルトヴェングラー グレイトレコーディングス」藤井留美訳)と酷評している。
そんなに悪い演奏か?
当CDの解説で黒田恭一氏は、
「クールな視点と明晰な思考がとりわけ前面に押し出された内容、醒めた表情の動き」
と述べている。
この点を別の視点から聴くと、諸井氏の次の結論になる。
「異常な「遅さ」のおかげで、この演奏からは、他の演奏にない細やかな情感のあじわいが感じられる。」
そう。客演ということもあり、タクトを1音1音明瞭に振り、しっかり演奏させていることを実感できる。よって巨匠の演奏の構築と骨組みが他の演奏よりも明瞭にわかるので、巨匠がオーケストラとの共同作業でこの作品を仕上げて行くその過程を垣間見ることのできる貴重な演奏である。

当CDは音も良い。楽音は豊かでふくよか。明るい光彩ある音色。各楽器及び高低の分離も良く、明瞭で鮮明な音。
この音にノイズリダクションをかければ、TAHRAのように音色のない音や、URANIAのようにキンキンとした金属的でのっぺりした聴くに耐えない音になることは明らか。
[PR]
by furtwanglercd | 2008-06-04 23:08 | Beethoven Sym.5
DELTA
DCCA-0048

フルトヴェングラー/ウィーン・フィル
ベートーヴェン:Sym.5(1954.2)
ALP-1195盤起し

単なる盤起しではなく、ノイズを軽減している。
これまでのCDは、なんと暗い音、デジタル的な音、加工音であったのだろう。
これまで音にかけられたベールが取り除かれて、そのままの音を聴くかのようだ。

明るめの音色で、ウィーン・フィルのサウンド。ホールトーンも美しく聴き取れるではないか。
情報量の多さと音色の良さ、楽器の分離の良さ、解像度の高さでこれまでのCDを凌駕する。

第1楽章、Vnは明るめの音色。低域もソフトで唸るような音まで明瞭。
第2主題部(1:00以降)、Vnはスースーと高域に伸びてゆき、低域はダダダダと明瞭に鳴る。
これまでのCDでは高域が暗く、低域が弱い、薄い、あるいは2007年リマスター全集(EMI JAPAN)他では不自然に増強された音になっていた。
この部分の唯一の例外は、MR-2402(CD-R)とALP-1195をそのままCD-Rにしてもらったプライベート盤(NABカーブ)で、両者では、低域が解像度高く、自然な大きさで唸りを伴って鳴り、これが巨匠が低弦パートに託した本来の音だろうと思っていた。
今回のCDでも「唸りを伴う明瞭な鳴り」となっており、オリジナリティの高さがある。
展開部では、ダイナミックレンジも忠実に再現され、その暫強にあわせて思わず体が反応する。

圧巻は、第3楽章から第4楽章へのブリッジ部のVnのクレッシェンドの凄さ!
無重力の空間につれていかれるような錯覚に陥る。今までのCDでこのような感覚はない。
どこまでも伸びていくVn、明瞭な低域。見事。

「未完成」については、後日。
シューベルト:「未完成」(1950.1)LHMV-1020盤起し。
[PR]
by furtwanglerCD | 2008-05-24 19:51 | Beethoven Sym.5
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル

SERENADE
SEDR-2011(CD-R)

フルトヴェングラーによる2つの「第5」
1.1926年スタジオ録音
 (巨匠の同曲演奏の初録音)
2.1943年6月

当CD-Rは廃盤のため入手不可能であるが、この度、ご厚意で聴かせていただいた。

1926年の「第5」。
演奏及び日本フルトヴェングラー協会盤についてはこちら。

ポリドール SP盤起し。
(写真は、TAHRA FURT-1090/93付録のCD-ROMより転載)。

若き巨匠のエネルギッシュさと明瞭に描き出される各フレーズの格調の高さと気品ある美しさ。
「最高のベルリン・フィルの音色」のすばらしさ。
全編に渡る、Vnの高音の夢幻的な浮揚する音色の良さ。

第1楽章第2主題の夢見るようなVnのレガートの心地よさ。
第2楽章Vcの明るく黄金色に輝くかの音色。
第3楽章、地鳴りのように轟くVc・DBと、澄んだVnの高音の対話。
第4楽章、無重力状態にいざなうVnの高音の抜けの良さ。

1943年6月の「第5」。
メロディア ピンクレーベルLP盤起し。
実直で自然な音。
[PR]
by furtwanglercd | 2008-04-09 23:33 | Beethoven Sym.5
d0135647_12441723.jpgフルトヴェングラー/ウィーン・フィル
1954.2.28-3.1
ムジークフェラインでのスタジオ録音

MR-2402
FALP-210(「マトリックスは、2XVH48-10N/49-10Nで、英HMVのオリジナル盤と同一」)
盤起し

演奏は完成された名演である。

高域のフワリとした浮揚する空気感ある、そしてソフトで煌きある音色。
各楽器の音色の鮮度がよく明瞭で、音色の分離も良い。ダイナミクスの変化も忠実で、各楽器が本来のあるべき音、音色、大きさで再現される。
第1楽章の低域の不足は、
CC35-3162、
TOCE-7530/4、
OTAKEN TKC-311
などのCD同様に同傾向。
これをTOCE-55975/80のように補足しようとすると、ボゴボゴとした不自然な音になる。

プライベートでALP-1195のNABでの盤起しがあるのだが、これは、冒頭から低域は不足することなく力感ある自然な音と音色で響いてきて、これが本来の音と音色であろうと感じる。こちらの音での盤起しを期待しているのだが。

RXを聴く パート2 完結
1.ブラームス 交響曲第2番 1945.1.28 RX-76 ワルター協会LP
2.バッハ ブランデンブルク協奏曲第3番、第5番 1950.8.31 ワルター協会
3.ベートーヴェン 交響曲第7番 1950.1 RX-58 LHMV-1008
4.ベートーヴェン 「田園」 1954.5.15 RX-4202
5.チャイコフスキー 「悲愴」 1951.4.22 RX-40 ドイツDG
補足
6.ベートーヴェン 「第5」 1954 MR-2402
すべて提供はN様。
RXは現在、入手困難。CD-Rで良いので同じ音質での再販を希望する。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2008-03-12 12:50 | Beethoven Sym.5