フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Frank( 2 )

フランク:交響曲ニ短調

d0135647_12551917.jpgフルトヴェングラー/ウィーン・フィル

1945.1.28 表記

日本コロンビア
Denon Vox Vintage
COCQ84702

「マスターテープからの第一世代コピーテープから、第2楽章冒頭の欠落部分や、テープ速度の変動など修正されて作成」とある。

ワウがある。ffでは音が割れる。音はもやもやとし、こもっている。ベールがかけられたような鈍い音。
最近のWINGの音のベールを剥いだ鮮明明瞭な音とは比べようがない。
マスターテープの劣化云々の前に、たとえマスターテープが良くても、根本はリマスター担当者の感性の問題。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2009-10-22 12:54 | Frank
フルトヴェングラー/ウィーン・フィル

1945.1.28/29
ムジークフェラインでのライブ

GRANDSLAM
GS-2027

VOX LP盤起し。
原盤のクオリティが良いのだろう。音は良い。
が、響きは硬く、高低の音色差も少ない。
ダイナミックレンジも抑えられているようで、最強音の凄さはなく抑制されている。
当盤の後に、VENEZIA V-1018を聴くと、
後者の音のふくよかさと潤いある豊かさ、生々しい空気感、Vnの高音の浮揚感、
高低の分離の良さと明瞭さ、最強音の凄さに圧倒される。
V-1018は、この演奏を語る際あまり話題にならないが、もっと評価されて然るべきだし、
この演奏を語る際に必ず耳を傾けるべきCDと言える。

同演異盤CDについては、
「フルトヴェングラー資料室」、
Classical CD Information & Reviews
を参照。
[PR]
by furtwanglercd | 2008-04-15 12:50 | Frank