フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:Brukner Sym.8( 3 )

d0135647_1364788.jpgブルックナー:交響曲第8番

フルトヴェングラー
ベルリン・フィル

1949.3.14 ダーレム・ゲマインデハウスでの聴衆なし放送用録音

TOGE 11012(CD/SACD Hybrid) 

従来のEMI、東芝のLP、CDは、第1、2楽章は3.14、第3、4楽章は3.14と3.15(ティタニア・パラストでのライブ)の編集となっていた。
今回の、Hybrid盤は、全曲3.14演奏であり、TESTAMENT SBT 1143と同一演奏。

3.14 放送用録音 TESTAMENT SBT 1143
3.15 ライブ HUNT KING EMI(歴史的ブルックナー録音集) AUDITE etc

NS氏コメント
「TOGE11012は英テスタメントのCDと全く同一の音源で間違いありません。
SACDの方が若干高域のレベルが低い。」
「このテスタメント音源(EMI保管のテープのはずですが)はドライで残響に乏しく、厚みもまるで無い、そのくせやけに低音がぶんぶんと響く変な音です。
それにしてもテスタメントをそのまま出すとは? 従来の音源はやはり英EMIにはなかったのかも知れません。
推測を述べますと、テスタメントのテープ音源は収録当時はもっと鮮明でモコモコしていなかった。それは最初に独ELECTROLAでブライトクランク化(+エコー)されドイツで発売された。ほぼ同時に仏パテ社にそのテープが送られたがパテではそのテープを使ってモノラルで出した。演奏上のミスや録音の瑕疵がある部分はELECTROLAにより翌15日の録音で部分的に差し替えられた。以降東芝のLPやCDはすべてこのELECTROLA音源で発売された。1998年になってテスタメントではEMIから版権を買い取ってリマスタしようと放送録音のオリジナルテープ音源を発見したがそれは劣化していた。しかしながらELECTROLAのブライトクランク音源を使うわけにはいかず(あるいはすでにダメになっていた?)劣化していた元テープを必至にレストアした。この際ダイナミックスの操作が行われて違和感のある出来上がりになった?」

「従来の東芝、独仏EMIのLPやCDの音源とは違うものです。それにしても違いすぎます。
FALPや東芝のLP、CDを聴きなれた耳には「何だこれは」といったものです。
WCD204の方がはるかに鮮明かつリアリティのある音で演奏会場の雰囲気や奏者の熱気が感じられます。」
[PR]
by FurtwanglerCD | 2011-08-25 13:00 | Brukner Sym.8
d0135647_1245670.jpgブルックナー:Sym.8
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
第1、2楽章 1949年3月14日
第3、4楽章 1949年3月14日、15日の編集バージョン

1949年
3月14日
ダーレム ゲマインデハウス(ティタニア・パラストとの意見もあり)における聴衆なし放送用録音 SFB収録 
3月15日
ティタニア・パラストにおける聴衆ありライブ RIAS収録

WING
WCD-204
日本フルトヴェングラー協会提供グレード・アップ・シリーズ第5弾

仏パテ社LP FALP850/1 未通針盤 盤起し+「第2世代」技術によるノイズ軽減。

エンジニアノートによると、このLPは、「モノラルカッティングで制作されており、芯があって分厚く、迫力が凄まじい録音で巨匠の名演を堪能することができる」
ということだが、そのように芯がある生々しい自然な音である。

高域は潤いがあり澄み渡る清らかな音色。低域はマイルドな音で自然な威力があり、雄弁。楽器間の分離が良く、高低の対比が明瞭。各楽器があるべき場所からあるべき音と音色で再現される。眼前にステージを見、今まさに演奏されている音を聴くようである。
「第2世代」技術の醍醐味が発揮されている。

3.14、15の編集バージョン 主な同演異盤CD比較
1.EMI TOCE-6521/2 ブライトクランク △
2.CE28-5590/1 MONO △
3.TOCE-8514 黒ジャケ ×
4.TOCE-3011 岡崎リマスター 金属的人為的リマスター×
5.TOCE-3787 「永遠のフルトヴェングラー」 岡崎リマスター×
6.TOCE-14045 × 
7.DANTE LYS-244 音色なし ×
8.URANIA URN 22.128(独エレクトローラLPからの盤おこし) ×
9.MYTHOS NR-1010~11(仏HMV FALP-850/1盤起し ) 人為的で原盤を損なう ×
10.WING WCD-204 ☆
11.EMI SACDはいかに?
[PR]
by FurtwanglerCD | 2010-12-07 12:03 | Brukner Sym.8
d0135647_181364.jpgフルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1949.3.15
ティタニア・パラストでのライブ

同曲演奏に限らず、フルトヴェングラーのブルックナーについては、
「急激なテンポ変化は曲想を破壊する」、
「ブルックナーの本質を天界から人間界に引きずり降ろす」、
「余りにも人間的な葛藤とドラマ」、
「旋律を締め付けすぎる」、
と酷評される。
それらはアッチェレランドのみに注目しての一面的な評価ではなかろうか。
当演奏における、第1楽章の各主題が懐深いところから「生成」され、ゆったりと紡がれて行く様、その後アリアのように美しく歌われて様はどうだろう。
ブルックナー指揮者の他のだれよりも慈悲深く滋味深いではないか。
第3楽章第2主題及び、コーダのだれよりも遅いテンポでの繊細な美しさ。
アッチェレランドは、ダイナミズムの極大な変化を図る手段の一つにすぎず、そのテンポ設定とテンポの変化は決して、曲の構成を傷つけることを意図されてはいない。
ピーター・ピリーは、フルトヴェングラーの同曲演奏を「当代最高のもの」と評価している。

KING KICC-2352の山野雄大氏解説より
 「第8番の数ある演奏の中で、フルトヴェングラーのそれは最高の部類に属する。壮大な構成の全てを見通しながら細部を造形し、巨大な音世界を揺るぎなく構築してゆく、その確信に満ちたパースペクティブには言葉を失う。たゆまず、崩れず、ひたすら緊張を保ち続け、時の怒涛のように吠え響きながらも引き締まったテンポの中に昇華される推進力、そして時に深く内省的な呟きを洩らしながらも弛緩しないぎりぎりの所で踏みとどまって響く「うた」、この幅広さこそがフルトヴェングラーの示した真骨頂であっただろう。

KING
KICC-2352

MUSIC&ARTSの音源。
意外にも音は良い。HUNTは、中程度のステレオプレゼンスで音に厚みと迫力があるが、デジタル的でVcはざらつき、Vnはカサついた音色になる。
当盤は、自然で臨場感ある音で、音の密度と迫力はHUNTに引けをとらない。

同演異盤CD比較(改訂) 3月15日演奏
1.HUNT ◎
2.KING ◎
3.EMI 歴史的ブルックナー録音集 △
4.ドイツ協会 ×
5.MUSIC&ARTS ×
6.SERENADE △
7.ARCHIPEL ×

*上記以外のEMIは、3月14,15日の編集
TESTAMENTのみ3月14日演奏
[PR]
by furtwanglercd | 2008-09-01 23:00 | Brukner Sym.8