フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Beethoven Sym.( 3 )

d0135647_131206.jpgベートーヴェン:Sym.1
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1954.9.19
ティタニア・パラストでのライブ

KING KICC-2354

残されている音源の中で、巨匠最後のライブ録音。
ライブ一発で聴いても、繰り返し聴いても、当CDで聴くと、凄い演奏。

ジョン・アードインは、「第1楽章では勢いが衰え、全体として焦点も定まっていない」と述べている(「フルトヴェングラー・グレイトレコーディングス」が、参照されているCDが、M&AとTAHRAなので、音ゆえにそのような印象になるかもしれない。
当CDで聴けば、第1楽章、第4楽章のしっかりとしたフレージング、勢いと強靭なsfの縦横のダイナミクスの変化の大きさ、第3楽章からの熱気に満ちた高揚、全体を通して随所で弦楽器群を羽ばたかせるように大きく歌わせている点など、焦点の定まったエネルギッシュでスケールの大きな演奏であることがわかる。

ベートーヴェン:Sym.4、「エグモント」序曲
ウィーン・フィル
1953.9.4 ミュンヘン・ドイツ博物館でのライブ

「エグモント」の方が断然音が良いのはなぜか?
Sym.4、第1楽章提示部前の壮麗壮大なffは、NUOVAERA及びEMBLEMでは音量が絞り込まれているのだが、当CDではそのような絞り込みはないようだ。

以上、M様が音が良いということで譲ってくださったことに御礼致します。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2009-07-16 12:59 | Beethoven Sym.
TAHRA FURT-2002/4
フルトヴェングラー
「ティタニア・パラストでのベートーヴェン」

Sym.3 (1952.12.8)
Sym.5,6 (1947.5.25)
Sym.7,8 (1953.4.14)

Sym.3.「英雄」
ピッチ云々の前に、楽器の音色がしない。
音色はなく、どの楽器も同じ音。強引で乱暴な音。
ドンシャリか?
Vnはメタリックでデジタル的音調。低域は音はあるがズボーとぼやけた乾いた音で、音色はない。
第1楽章、冒頭のVcとVn、2楽章冒頭のDBとVnが同じ音で聴こえる。それにDBが増幅されているように出過ぎて不自然。
第2主題 音はあるが音色はなく、ぼやける
第2楽章、DBとVnが同じ音色。DBはボーンとぼやけて広がり不自然。

Sym.5,6
電気的に合成したようなデジタル的音調。
NS氏コメント
「低域が異様に持ち上げられ、高域も無理に肩を張った特性です。
当時の録音特性ではこのようにはならないと思われ、恣意的な改変の証拠です。
本当に色気のない音質です。それぞれの楽器の音色が奪われ、何か鳴っているがシンセサイザの音のようです。いじりすぎるとこうなるのでしょう。
手もとの旧TAHRA、セブンシーズ、M&Aと比較してみました。CETRAとセブンシーズは基本的におなじもののようで似ていますが他はどれも勝手にいじっているようで似ていません。M&Aは時間が長く音程も低いおかしなCDです。
FURT2003が優れた復刻と言うのは間違いで、(フルトヴェングラー資料室の他CDに言われているように)「著しく現代風の音質に改竄」というべきです。 」

Sym.7,8
カサカサ シャリシャリした音で、入力レベルと音圧過剰。
音のふくよかさが削ぎ落とされており、DGに聴くふくよかさと臨場感がない。
高域はドライでキンキンする。
DGは、第2楽章冒頭、弦の軋む音が大きく臨場感がある。
ppへの変化、そこからのクレッシェンドの微妙な変化も聞き分けられる。
Vnは潤いがあり艶やか。



MEMORIES
MR-2085/89
フルトヴェングラー ベートーヴェン 交響曲全集

Sym.1 (1954.3.30)
 テープは高音質であろう。音がシャープで高域は金属的。

Sym.3 (1950.6.20) 15:44 17:20 6:18 12:08
 第1楽章のピッチが狂っており(低い)、音程が不安定で違和感あり。
入力レベルと音圧が高く、迫力はあるが、音は粗い。Vnはキンキンとしてかすれる。

Sym.4 (1953.9.4)
 音が細く、東芝HS-2088リマスターのように線になっている。

Sym.5 (1954.5.3)
 仏協会より粗い。擬似ステ? ダイナミクスの持ち上げ?

Sym.6 (1954.5.23)
 のっぺりした音で、音色は薄い。低域は音はあるがぼやける。

Sym.7,8(1954.8.30)
 キンキンシャリシャリし、聴き疲れする音。

Sym.9.(1953.5.31、1953.5.30表記) 
 18:28 12:16 19:16 25:15 楽章間インターバル収録。
 シャープな音で、豊かさやふくよかさはない。音色も薄い。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
[PR]
by furtwanglercd | 2009-02-18 23:51 | Beethoven Sym.
d0135647_634247.jpgフルトヴェングラー
ベートーヴェン 交響曲選集

ARCHE MUSIC 
PRODUCTION
6155646/9

幻の珍品?名品?
掲示板で話題になっていた、幻の品を、この度、M様が手間隙かけて入手されたとのことで、
お貸しくださった。

M様のコメント
「2004年の没後50年を記念してフランスでリリースされた4枚組CD。
Rodolphe片チャンネルセットの2チャンネル盤なのですが、
全曲収録ではなく、
英雄(1952/12/8 BPO, またまた1950/6/20 と誤記)、運命&田園(BPO戦後復帰)、
第7(1953/4/14 BPO) 、第9はルツェルンではなく、単発されていた1953ウィーンで、
あと序曲3曲とリハーサル、フランス語のインタビューが収録されていました。」
「Rodolphe音源に間違いないと思いますが、残念なことに、掲示板でも指摘されていましたが、CD4枚目第9の最終楽章クライマックスのところで欠落しているという欠陥品なのです。日本ではHMVが販売間際になって、欠陥に気づき即時回収されてしまったものの、一部店舗では格安でフライング販売され、運のよい方は入手できたようです。」

「今回のセットのプロデューサーのジャック・ベルトランのコメントでは、
Rodolphe の芸術顧問をやっていた頃にエリザベート未亡人のもとを訪れたことや、
そのご本人からテープを託されたこと、今回の復刻(revivre)ができてよかったことなどが書かれているので、Arche と Rodolphe の音源は一緒で、フルトヴェングラー家由来のものであったということでしょう。」

「マスタリングにはおそらく最近の装置を使っているのか、いささか細身でギスギスした感じがあるかもしれませんね。特にRXのような真空管アナログ起しで線速度を落として書き込まれた、密度の濃い音を聴かれた直後だと余計に落差を強く感じるかもしれません。
残念なのは初期の片チャンネルの製作時よりテープ劣化が見受けられると思います。
不思議なステレオ感はテープ再生時にモノラルヘッドではなく、ステレオヘッドで再生をしたためなのでしょうか。第9は元テープからエコーがかかっていたようですがこれも不思議です。」

収録曲
CD1
Sym.3 BPO (1952.12.8) 日付誤記
Coriolan BPO 1949.6.2 
(完全ディスコグラフィでは、「非フルトヴェングラー、実際はシェルヘン」となっている。冒頭のアインザッツの短さや第1主題のテンポの速さはフルトヴェングラーの同曲演奏とは異質。シェルヘン的である。)
Egmont VPO 1953.9.4
音色の薄さをステレオ度の強さで補っているかのような音。

CD2
Sym.5 BPO(1947.5.25)
Sym.7 BPO(1953.4.14)

CD3
Sym.6 BPO(1947.5.25)
Leonore.3 リハーサル 1948.11.12
同 VPO 1953.9.4 この日の同曲演奏はないので、日付不明

CD4
Sym.9 VPO(1953.5.31)
第4楽章が6’46+3’45=10’31しか収録されていない。“vor Gott”までで終わってしまう。

音質について。
「英雄」、
片チャンネル盤(RPC32522)が純正MONOであるのに対し、
「テープ劣化なのか持続ノイズ片チャンネル盤より多く、高域は急峻なカットで、音が腰高に聴こえる」とのこと。
ステレオ・プレゼンスによって、迫力が加わり、聴き映えが良い
(当日の音響とは異なるのだろうが、かなり良い音で聴くことができる)。
第1楽章、展開部後半には、位相の乱れがある。

「第5」、
上記「ステレオヘッドで再生をしたため」によるのか、ステレオ・プレゼンスが強く、ダイナミック レンジも広い。残響が長く、不自然な感もある。

「田園」も同様だが、録音状況や原テープによるのか「第5」ほどの極端さはない。楽器間の分離、個々の音色が良く、この中では最も成功している。他CDと比べても優れている。
(片チャンネル盤についてはこちら。)

「第7」、
片チャンネル版では音にふくらみが無いのだが、こちらはステレオ・プレゼンスにより、音にふくらみがある。が当然のこととして、臨場感とアコーステック感は失われている。

「合唱」、
Rodolpheのステレオ・プレゼンス盤よりも軽度。音色は希薄。

ステレオ・プレゼンスは概ね成功しており、
「英雄」、「第5」は、聴き栄えの良い音で聴くことができる。
「田園」は、高音質。

「合唱」の欠落を補って、販売していただきたいものだ。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2008-01-10 06:30 | Beethoven Sym.