フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0135647_175338.jpgフルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1942.3.22-24
「ベルリンの第9」

1.フランス協会SWF-891 (1989)
2.MUSIC&ARTS CD-653 (1990)
3.MELODIYA MEL CD-715 
  (1993)

1.入力レベルが低く、穏やかな音。個々の楽器の音色が美しくある。
第1楽章冒頭のVn、第3楽章のVnとVc・DB、第4楽章冒頭の低域など、小さいながら、密度のある上質の音色。
コーラス部の音のかすれる部分が難点。

2.世評は高い。一聴すると、パワフルで元気のある音だ。しかし音色は粗い。
第1楽章冒頭のVnからしてキンキンと金属的だし、低域は、ボーンと広がって、ぼやけた音。
デジタル的で無機的な音調で、解像度も劣ると思う。
なお、1999年の戦時中ベートーヴェン交響曲集CD-4049は、後のリマスターで、ワイドレンジは狭くなっており、音は異なる。

3.中程度のステレオ・プレゼンス。
音は厚みと丸みがあり、豊かでふくよかに鳴る。低域はぼやけることなく音色の密度が濃い。
特にコーラス部は、ダイナミックレンジ、ワイドレンジを最大限に使い、それでいてぼやけることなく、解像度が高い。
2006年再販盤は未聴だが、「ウラニアの英雄」などからすると、擬似ステ度が旧盤より強くなり、音色が薄まっているのではないだろうか。

テープ系を聴くとすると、
美しく聴きたいときはSWF-891、
コーラス部を聴きたいときはMELODIYAになる。

同演異盤
1.盤起し+α系 DELTA ☆
2.盤起し系のベスト VENEZIA ☆
3.テープ系 
  1.SWF-891 ◎
  2.MELODIYA(旧盤) ◎
  以下
  HUNT>MELODIYA再販>MUSIC&ARTS CD-653>CD-4049>
  TAHRA>>>東芝(オカザキリマスター)>>>RCD、HISTORY、
  ANDONOMEDAなど。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2008-02-26 23:00 | Beethoven Sym.9
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル

シューベルト
1.「未完成」1948.10.24 
2.「ザ・グレイト」1942.12

PRICELESS
D-13272(1987)
西ドイツ ポリグラム製 AAD

M様がお貸しくださったレア盤である。
「VOX原盤の日本コロンビアLPと音の歪みやうねりの箇所が共通だったので、
両曲ともVOX/Turnabout 経由(特にクレジットなし)ではないかと思われます。」
とのこと。
両曲とも、強度のステレオ・プレゼンス。

「未完成」の演奏は、巨匠の同曲演奏中、ダイナミクスの変化が最も大きなものである。静謐で夢見るような弱音部、第2主題と、怒涛の戦慄の大ffの対比が凄まじく大きい。
1948年10月24日の演奏は、他に、バッハ 管弦楽組曲第3番、ブラームス 交響曲第4番であり、どれも、空前の名演。この日の演奏会はとてつもなく密度の濃いものであった。

当CDは、ステレオ・プレゼンスであるが、音色が凝縮していて、演奏のダイナミクスの変化の大きさに加え、高低の音色の確かな対比と、その対比の大きさをも聴くことができる。
と言っても、この「未完成」の同演異盤は次の4枚しかない。
1.PRICELESS
2.PALETTE PAL-1073
3.ドイツ協会 TMK-12681
4.ARCHIPEL ARPCD-0119
1&2は入手困難。3&4はノイズリダクションが強く、演奏の凄さを損なっているので、残念。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2008-02-25 23:33 | Schubert Sym.8
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1950.6.20

ティタニア・パラストでのライブ

ドイツ・フルトヴェングラー協会
TMK-6949

演奏については、こちら

アイヒンガー&クラウス氏がリマスター担当になる前のもので、
ブラームス Sym.1(1953.5.18)と同傾向の音。
それほどまでではないが、音には厚みがあり、迫力がある。
ただし、高域の音色や、高低の分離は、
RVCやRXには及ばない。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2008-02-15 23:30 | Beethoven Sym.3
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1951.4.22
カイロでのライブ

ISLANDPROS
SD-1308(CD-R)

DGはCD化に際し、冒頭バスーンのテーマが出る前のコントラバスの音をカットしている。そもそもLPでは別演奏で修復していたとのこと。
当CD-Rは、日グラモフォン MG-6005の盤起しなので、冒頭のカットはない。別演奏での修復については言われなければわからないと思う。
重厚なDB、色艶の良いVc、鮮やかなカラーで浮揚するVnと、この時期のベルリン・フィルのカラフルなサウンドを聴くことができる。
そう、この時の、カイロ、アレキサンドリア、ローマへの演奏旅行における、ベルリン・フィルのサウンドはこのように煌びやかな音色であったに違いない。

演奏は、美しさと尋常ではない迫力が同居する。
第1、第3、第4楽章の各クライマックスでの最強音の迫力は凄まじい。音楽を煽っているわけではなく、また単なる猿芝居のわざとらしさや劇的な仕方でなく、あくまでも芸術的な一つの解釈として成し遂げられているのが偉大な面と言えるかもしれない。

同演異盤CD
1.POCG-2348 音は厚いが分離が悪い △
2.474030-2(6CD) 分離と音の再現性は良い ○
3.POCG-30071(UCCG-3702) 音色漂白 ×
4.ISLANDPROS SD-1308(CD-R)日グラモフォン MG-6005 盤起し ☆
5. RX-40(CD-R) 独グラモフォン 2535 165盤起し 未聴

3で聴いていたのだが、楽器の音色がなく、物足りなかった。
それで次に1と2を入手。2の方が高低の分離が良い分、聴き応えがある。
音色の良さでは4となる。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2008-02-13 23:30 | Tchaikovsky
d0135647_17282082.jpgフルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1942.4.1
第2楽章アダージョのみ

日本フルトヴェングラー協会
WFJ-17

Telefunken SP盤起し。

すばらしい演奏と音。「名演の名録音」たる所以。
解説には、
「このSP3枚6面のアルバムは歴史的名演であることはもとより、発売枚数が少ない珍品であり、かのナチスがヒットラーの死をラジオ放送した時に使用された。更に今回の復刻ソースは、故 田伏氏が亡くなる直前、最後にヨーロッパから取り寄せた遺品による。」
とある。

演奏は、人為的、ロマン的、あるいは宗教的体裁を帯びておらず、ブルックナーのスコアに託した音が、そのままのものとして音化されている。
当復刻では、ベルリン・フィルの戦時黄金時代の音色を聴くことができる。温かく光彩を放っている。とりわけ、VcとDBが明瞭に聴き分けられ、格別な味わい。

「フルトヴェングラーと20世紀の大指揮者」とのタイトルで、
他に下記演奏を収録。
クナッパーツブッシュ/ベルリン国立歌劇場 J.シュトラウス 加速度ワルツ
ワルター/ウィーン・フィル 皇帝円舞曲
メンゲルベルグ/ACO リスト「前奏曲」

オーケストラの音色の違いが聴き分けられる好復刻。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2008-02-06 23:30 | Brukner Sym.7
d0135647_17342511.jpgブラームス1952.3.7
メンデルスゾーン1952.3.11

フルトヴェングラー/
トリノ・イタリア放送交響楽団
(Vn)ジョコンダ・デ・ヴィート

KING
KICC-2299

音質劣悪との評価があったが、どうしてどうして、音質良好である。
音圧は高く、ダイナミックレンジ、ワイドレンジも十分で音に迫力がある。
特に、音色に光彩と色彩があり、引き込まれる、すばらしさ。
同演異盤CDと比較すると、オーケストラとVnソロの光彩と温かみのある音色は、当CDが最高!同演異盤他CDを遥かに凌駕する。
[PR]
by FurtwanglerCD | 2008-02-01 23:33 | Brahms Vn.con.