フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
d0135647_2151825.jpgフルトヴェングラー
Great EMI Recordings(以下GER)
ザ・グレートEMIレコーディングス
21枚組
SACDシリーズのためにおこなわれたリマスター音源よりのCD。

格安で、しかも劣悪リマスターではなく、一定水準のリマスターで、巨匠のすばらしい演奏を聴けるのは意義のあることだろう。

レコード芸術2月号に試聴記あり。
SACDの音質について。一部を抜粋。
「(従来のCDに聴く)硬さ、圧迫感はない。音は瑞々しく、透明感があり、初めて聴くような新鮮な印象。」
「自然なバランスがある。(他のリマスターと比べて)おとなしく感じられるが、やりすぎていない分、安心感がある。」
「低域の実在感が高まった。弦楽器群がしなやかで浸透し、高域を広げなくても、ヴァイオリンの旋律が自然に浮かび上がる。」

ベートーヴェン 7番について、歌崎氏の音質比較より抜粋。
「94年に出たメモリアルシリーズと03年のart盤を聴いたが、高域が細い上に十分に伸びない94年盤に対して、art盤はより伸びやかで、中域以下も響きが整理されて細部が見やすくなっている。しかし今回の新発見テープからの音は多少ハイ上がりで、高域が細身になる印象はあるが、CD層もレンジが拡大して音の鮮度も随分良くなっている。中低域以下のエネルギー感も増して演奏がより手厚く充実するとともに、緩急の変化や表現の起伏がより明快にしなやかに伝わるし、artでも残っていた中低域のゴロゴロノイズがないのも大変有り難かった。SACDではレンジやSN比とともに、音の鮮度がさらに上がって切れ味が増し、演奏が一段とスケールアップする。」

artよりも音は豊かで実在感はある。
2007年のEMI MUSIC JAPAN TOCE-55975/80国内盤は不自然な音だっただけに、そのような不自然さはない。
イタリアEMIのような、やりすぎの華やかさ華々しさもない(イタリアEMIは低域がかなりぼやける)。
(また、HS-2088(いわゆるオカザキ)リマスターはドンシャリの荒れた音。)

それらのリマスターに比べれば、「自然」な音のリマスターであろう。
適度な空間に迫力ある音が鳴る。
低域の音はぼやけず、不自然な突出もない。
確かに、高低を広げなくても、高低を密度ある音で聴け、高低の「バランス」はあり、「やりすぎていない」。

「高域は広げなくても」とあるように、最高域は頭打ちで、浮揚する高音の音色は聴けない。Vcはドライな音。
ベートーヴェンの「第1番」、「田園」、「第7番」で聴きたい高域の浮揚する音には限界がある。
音に力強さはあるが、臨場感、空気感など、音響空間はあまりない(「バイロイトの第9」、ブラームスの交響曲での聴衆のノイズはよく聴こえるのだが)。
音の背後の空間は感じられず、平板平面的ではないだろうか。
CEDERを使っているリマスターCDの音は迫力があるが平面平板な「音」になってしまうように感じるのだが、同様の傾向か?
工程が多ければ、その分、原音からは遠くなる。

ベートーヴェン
「英雄」
・TOCE-7530(TOCE-7530/34全集):軽度なステレオ・プレゼンス。厚化粧したような音ではあるが、音は厚く、高域の伸びと広がりは抜群。
・GER:楽器の音は瑞々しく、音に力がある。高域、低域それぞれの幅は広くはなく、最高域への伸びや広がりはない。低域の不自然な突出はなく、音に密度がある。
・DELTA DCCA-0061:盤越し+「第2世代」技術によるノイズ軽減。
各楽器のまとまりと分離が良く、高低の対比が鮮明。単なる「音」ではなく、音響空間が再現され、本来の情報量が多い。
DELTAの「第2世代」復刻のすばらしさが、際立つことになる。

「第5番」
・GER
・DELTA DCCA-0048
「英雄」同様。

「第7番」
・TOCE-7532(TOCE-7530/34全集):第4楽章 3:18-23、3:28-30に女声混入。
ゴロゴロというノイズは大きいが、その分、楽器の音は瑞々しく生々しい。
・GER:第4楽章 3:18-19 軋むような音。3:27-29に異音(女声?)あり。
女声混入のない「オリジナルマスターテープ」ではない。
ゴロゴロというノイズ持続。音に力があり、音源の良さはわかる。Vnの最高音とVcはドライ。
・DELTA DCCA-0072:「英雄」同様。

ブラームス
「第1番」
・CC30-3357/60:ワイドレンジ、ダイナミックレンジが広い。音はふくよかで柔らかい。Vnはどこまでも浮揚するようにすばらしい。
・Electrola: CC30-3357/60ほどではないが、同傾向。
・GER:音に密度はあるが、高域は頭打ち。Vnはキンキンする。

「第2番」、「第3番」
・CC30-3357/60:ワイドレンジ、ダイナミックレンジが広い。音はふくよかで柔らかい。
・Electrola: 冒頭の軋む音など、臨場感と空気感ある空間に広がる豊かな音。
・AUDITE:音は細く味気ない。ドライな音。
・GER:臨場感や空気感は希薄。

「第4番」
・CC30-3357/60:ワイドレンジ、ダイナミックレンジが広い。音はふくよかで柔らかい。
・Electrola: CC30-3357/60ほどではないが、音はふくよかで柔らかい。
・AUDITE、こもった音で、マスクされており歯切れが悪く、暗い音。演奏はわかるが、楽器の音がしない。ノイズカットで楽音と空間を削ぎ落としている。
・GER:音に力と迫力がある。Vnの線が細い。高域はドライ。
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2011-01-22 23:59 | 2011
d0135647_1713126.jpgフルトヴェングラー
ザ・グレートEMIレコーディングス
9078782
21枚組

私聴レポート1-1

ベートーヴェン:交響曲第7番
ウィーン・フィル 1950.1

商品広告には、
「1950年1月にウィーンのオリジナル・セッションで録音されたテープがみつかりました。このテープを現存するLPのマスター・テープと比較しても、大変優れた音をしていたため、今回はこの未使用のテープを使用することにしました。このテープの音源が世に出るのは、世界で初めて。」
とある。

第4楽章、女声混入箇所に女声はないが、同じ部分にシュルシュルと異音が混入する。
女声をデジタル処理で消去か?
なので、「オリジナル・アナログ・セッション・テープ」と言っても、
女声混入前のオリジナルなものではなく、女声混入後の「オリジナル」テープ音源のようである。

同演異盤CD比較
DELTA DCCA-0072 ☆
 RCA LHMV-1008盤起し+「第2世代」手法によるノイズ軽減
 高域の伸びが良い。高低の音の差が大きい、分離が良い
(高い音はより高く、低い音はより低く、高低の分離が良く、高低の谷間が大きい)。
 音はふくよかで、背後の空間や空気感も残っている。

東芝 CC35-3164 ◎
 軽度なステレオ・プレゼンス。
 ふくよかで豊かな音。1音1音のエネルギーがダイレクトに伝わってくる。

東芝 TOCE-7530/34 ◎
 軽度なステレオ・プレゼンス。
 各楽器の音の密度が濃く、たっぷりとした音響。
 やや厚化粧的な音ではあるが。


私聴レポート1-2

「バイロイトの第9」
演奏前の部分、TOCE-7534(TOCE-7530/34)の方がはるかに生々しい。

演奏。
「全体に収録レベルが低く、ノイズが少なく聴こえるかわりに臨場感は大きく減退、ステージノイズ、聴衆ノイズも巧みに抑圧されている。」
現場の張り詰めた空気感も一掃。
「最低域のカットで、オリジナルLPやDCCA-0029で聴かれる、16小節付近の、ステージ全体の振動と思われる空気振動のような低音も全くなくなっている。」
工程が多い分、本来の迫力は減退か。

あくまでも私聴レポートであり、嗜好の違いがありますので、悪しからずご容赦願います。
賛否ありましたら、コメントください。
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2011-01-18 23:00 | 2011
d0135647_12214289.jpgフルトヴェングラー 2010年に発売された
CDの中からのベスト7。

1.チャイコフスキー「悲愴」
  ベルリン・フィル 1938.10
  DELTA DCCA-0067
2.ブルックナー 交響曲第8番
  1949.3.14,15
  WING WCD-204
3.ベートーヴェン 交響曲第7番
  ウィーン・フィル 1950.1 
  DELTA DCCA-0072
4.バルトーク ヴァイオリン協奏曲
  日本フルトヴェングラー協会 WFJ-79/80
5.ベートーヴェン 交響曲第5番 ベルリン・フィル 1926 
  フルトヴェングラー・センター WFHC-021/022
6.ブラームス ドイツ・レクイエム ウィーン交響楽団 1951.1.25 
  WFHC-023
7.ブラームス 交響曲第1番 ウィーン・フィル 1947.8.13
  WFHC-024

1、3は、SP盤起しであるが、エンジニアの緻密な作業により大きなノイズを軽減している(いわゆる「第2世代復刻」と言われる手法)。この方式が原盤原音をダイレクトに再現することはこの数年で実証されてきた。特にSP盤起しとなると単なる「盤起し」との差異はLP盤起し以上に大きなものとなる(一昨年のシューベルトの「ザ・グレイト」(1951録音)等)。
1の「悲愴」、1938年の太古の録音とは到底思えない音である。今まさに眼前で演奏が繰り広げられているようなリアルなサウンド。ベルリン・フィル黄金時代のサウンドを堪能できる。「エグモント」(1933)、「コリオラン」(1947.11.25 ウィーン・フィル)も従来CDのぼやけた音を遥かに凌駕する生々しい音。
3、従来のCDでは、音にベールが掛けられたようになり、この演奏の数割しか聴くことができなかったのだろう。当復刻ではそのベールが解かれ、迫真迫力、演奏のパッションがダイレクトに再現される。楽器の音は生々しく、音色には密度がある。重厚な低域、浮揚する高域、分離も明瞭明晰で、生の音と音色になっている。
4、LPの音がダイレクトに再現される。ふくよかな低域、ホールトーン、足音も聴かれ、本来の音。

2009年
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2010-12-20 12:17 | 2010
d0135647_1245670.jpgブルックナー:Sym.8
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
第1、2楽章 1949年3月14日
第3、4楽章 1949年3月14日、15日の編集バージョン

1949年
3月14日
ダーレム ゲマインデハウス(ティタニア・パラストとの意見もあり)における聴衆なし放送用録音 SFB収録 
3月15日
ティタニア・パラストにおける聴衆ありライブ RIAS収録

WING
WCD-204
日本フルトヴェングラー協会提供グレード・アップ・シリーズ第5弾

仏パテ社LP FALP850/1 未通針盤 盤起し+「第2世代」技術によるノイズ軽減。

エンジニアノートによると、このLPは、「モノラルカッティングで制作されており、芯があって分厚く、迫力が凄まじい録音で巨匠の名演を堪能することができる」
ということだが、そのように芯がある生々しい自然な音である。

高域は潤いがあり澄み渡る清らかな音色。低域はマイルドな音で自然な威力があり、雄弁。楽器間の分離が良く、高低の対比が明瞭。各楽器があるべき場所からあるべき音と音色で再現される。眼前にステージを見、今まさに演奏されている音を聴くようである。
「第2世代」技術の醍醐味が発揮されている。

3.14、15の編集バージョン 主な同演異盤CD比較
1.EMI TOCE-6521/2 ブライトクランク △
2.CE28-5590/1 MONO △
3.TOCE-8514 黒ジャケ ×
4.TOCE-3011 岡崎リマスター 金属的人為的リマスター×
5.TOCE-3787 「永遠のフルトヴェングラー」 岡崎リマスター×
6.TOCE-14045 × 
7.DANTE LYS-244 音色なし ×
8.URANIA URN 22.128(独エレクトローラLPからの盤おこし) ×
9.MYTHOS NR-1010~11(仏HMV FALP-850/1盤起し ) 人為的で原盤を損なう ×
10.WING WCD-204 ☆
11.EMI SACDはいかに?
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2010-12-07 12:03 | Brukner Sym.8
d0135647_1214411.jpgフルトヴェングラー/ウィーン・フィル
1947.8.13

ザルツブルク音楽祭でのライブ

フルトヴェングラー・センター
WFHC-024

長らく、
DISQUES REFRAIN DR-920022
でしか聴けなかったものであるが、
昨年、日本フルトヴェングラー協会からもリリースされた。
今年に入り、Hector HFCDR-1 LP盤起しも出ている。 

今回の音源は、フルトヴェングラーの友人アルフレード・クンツが録音したテープのコピーということで、上記2盤とは異なるようだ。

オーディエンスノイズは、DISQUES REFRAINと日本協会盤同様。

DR-920022  14:56 10:06 5:12 16:22
WFJ-78    14:55 10:04 5:12 16:21
HFCDR-1    15:21 10:24 5:21 17:09
WFHC-024   15:01 10:10 5:18 16:28+拍手
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2010-09-02 12:13 | Brahms Sym.1