フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ベートーヴェン:「英雄」
フルトヴェングラー/ベルリン・フィル
1952.12.7
ティタニア・パラストでのライブ

SPECTRUM SOUND
CDSM 009 JT

ドイツ・フルトヴェングラー協会LP
F666.848M 盤起し

解説より抜粋
「超高価なイコライザーFM Acoustics FM122MK2を使用、Turn over RIAA,Roll off RIAAに合わせてカーブを調節、RIAA Curveをフラットにしてこの音盤のオリジナルサウンドを実現しようとした。」
「(復刻の意義は)当LPで鑑賞する事が出来た堅固さや深淵な名演のサウンドをありのままCDに収録することである。特に、弦楽器群の音色と全体的なサウンドについては、ノイズを通して聞こえるティタニア・パラストの空気感を最大限に生かすようにした。
独協会盤LPは、全体的なサウンドは厚く重々しい反面、多少暗くて解像度はあまりよくなかった。」

スクラッチノイズはほとんどない。その分、音は何かベールがかけられてしまったようで、くぐもっている。
解説に「ティタニア・パラストの空気感を最大限に生かすようにした」とあるが、これは感じられない。
こちらのCD-Rに聴けるところの、会場の臨場感、空気感、生々しさはない。
「こもった音」は単なる盤起しの限界を感じさせ、当LPの持つ「重々しさ」、「暗さ」が強調されてしまったことは、システムによるのだろうか。
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2010-06-21 23:14 | Beethoven Sym.3
メニューイン
フルトヴェングラー
ルツェルン祝祭管弦楽団

1947.8.28、29
EMI スタジオ録音

当録音は元々、テープ録音で、テープからSPが製作されたということだ。
SP盤面何面かは1音オーバーラップして収録されている。

1953年4月にフォルハーモニア管弦楽団との再録音があるが、
追い込む部分のオーケストラとソロのスピード感、全体の覇気、熱気、オーケストラの重厚さ、構成美の中での大らかな歌なで、再録音よりも断然当録音の方が良いはず。
それらの点で他演奏よりも評価されて然るべきだが、そのように見なされないのは、CDの音のためか?

Goodies ダイレクトトランスファーCD-R
78CDR-1136
78CDR-3136 DSD 2010年

蘭 HMV DB6574/9盤起し。
SP盤面をつないでいないので、盤面ごとに1瞬音は途切れる。
SP盤面ノイズはあるが、上記、演奏の特色がダイレクトに再現されてくる。
これが第2世代復刻となれば、さらにすばらしいものになるだろう。

主な同演異盤CD比較
・TOCE-6058 ◎
・TOCE-3737 ×
・SBT-1109 ×
・DANTE LYS-249 ×
・MUSIC&ARTS CD-1018(4CD) ×
・HISTORY ×
・ダイソー CD-C-29 CD-C-31 ×
・IRUKA DISKS RK-202R(CD-R)  (英HMV SP盤起し) ◎
・NAXOS 8.110996 (英HMV SP盤起し) ×
・日本フルトヴェングラー協会 WFJ-51/52、-51S
  (ヒッチ補正、WFJ-51は第2楽章冒頭に欠落あり、WFJ-51Sは修正) ○
・78CDR-1136、78CDR-3136(CD-R)(蘭 HMV DB6574/9盤起し) ◎
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2010-05-19 23:56 | Beethoven
d0135647_12504117.jpgフルトヴェングラー
ベルリン・フィル
チャイコフスキー:「悲愴」1938.10
ベートーヴェン」:「エグモント」1933.11

ウィーン・フィル
「コリオラン」1947.11.25

DELTA
DCCA-0067

「悲愴」
SP時代のフルトヴェングラーの代表的名盤。
フルトヴェングラーの芸術、ベルリン・フィルのサウンド、「悲愴」とは何かを如実に物語る演奏。

昨年、英HMVのSP DB4609/14をCD-Rにしていただいて聴く機会があり、まるで眼前で今、演奏されている音を聴くかのような楽音の豊かさ、柔らかさに感動し、いわゆる「第2世代」での復刻が聴きたいものだと希望を持っていたので、うれしい限りである。
「第2世代」復刻なので、SPのノイズは軽減されているが、楽音と音色は損なわれていない。
ノイズとは分離して、当時、奏でられていた真の音が響いてくる。
各楽器の音が明瞭明晰で、本来あるべき音があるべき音で再現される。

テクニカルノート
「本CDに収められた1938年録音の交響曲は英HMVのSP6枚組 DB4609/14から復刻したものである。マトリックス番号は順に2RA3345Ⅰ/2RA3346Ⅱ、2RA3347Ⅱ/2RA3348Ⅲ2RA3349Ⅲ/2RA3353 2、2RA3354Ⅱ/2RA3355Ⅰ、2RA3356Ⅱ/2RA3350Ⅰ、2RA3351Ⅱ/2RA3352 3。SP盤専用フォノイコライザーを使用し、カートリッジ、針圧を吟味して収録した。SPレコード再生では特有の盤面ノイズを免れる事はできないが「究極の手段」で大きめのスパイクノイズの除去、低減に努めた。ノイズカットのためのフィルターは一切使用していない。盤面ノイズが少なくなって現れてきたものは重厚な響きの低音と伸びやかな高弦、崩れのない金管楽器の強奏と引き締まったアンサンブルであった。1930年台後半の爛熟期のフルトヴェングラー、ベルリンフィルハーモニーを代表する名演奏をお楽しみいただければ幸いである。」

主な同演異盤CD
1.NVLCD-904 BIDDULPH同等 ×
2.東芝EMI TOCE-6067  △
3.BIDDULPH WHL-006/7 暗い音 ×
4.新星堂 SGR-7180/2 金属原盤起し △
5.日本協会 WFJ-15/16 SP盤起しそのもの 〇
6.東芝EMI TOCE-9364/8 ブライトクランク 〇
7.東芝EMI TOCE-3800 MONO オカザキリマスター ×
8.NAXOS BIDDULPH同等 ×
9.ISLANDPROS  SP盤起し △
10.TAHRA ×
11.GRANDSLAM SP盤起しだが、原盤と趣が異なる ×
12.OPUS蔵 今や単なる盤起しは、分離と音の整理が悪い ×
13.DELTA SP盤起し+ノイズ軽減=音色復刻 ☆

これまで音質ベスト盤はなかったが、やっとベスト盤が登場した。

「エグモント」、「コリオラン」については後日。
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2010-01-25 12:49 | Tchaikovsky
d0135647_1531501.jpg日本フルトヴェングラー協会
WFJ-77/78

ブラームス 交響曲第1番
フルトヴェングラー/
ウィーン・フィル
1947.8.13

美しい部分は伸びやかにしなるように麗しく、ここぞという場面での迫力は驚天動地の大迫力。

これまでは、DISQUES REFRAIN DR-920022でしか聴けなかったので、このリリースには価値がある。
DELTAから出ると思っていたら、協会が先だった。
音質は、上記より、ややぼやける部分が多い。

この演奏、1952.1.27の演奏とも囁かれている。

タイム及びオーディエンス・マーカー比較。
①1947.8.13とされる演奏
 WFJ-78                    14:55 10:04 5:12 16:21
 DISQUES REFRAIN DR-920022  14:56 10:06 5:12 16:22
②1952.1.27の演奏
 CC30-3357/60              14:16 10:13 5:06 16:51
 ELECTROLA CZS 25 2321 2    14:18 10:13 5:05 16:51

②のオーディエンス・マーカー
第1楽章
0:46(10小節 pizzの部分)の咳
1:10(14小節 pizzの部分)の咳
1:19の咳
2:24-26 Obソロ部分のキーという軋む音
2:38-40 ゴホゴオと咳2回
2:56の咳
第2楽章
後半、Vnの前の咳
第4楽章
1:46(19小節 pizzの部分) の咳
Trbの部分の軋む音

①のオーディエンス・マーカー
第1楽章
1:48(20小節)の咳
2:36-38(30小節Obの部分)のゴホ、ゴホ
2:49のコンという音
第2楽章
冒頭2音目の咳
第4楽章
冒頭の咳
1:38(17小節)の咳
1:48(19小節)の咳だが、②と異なる

全体の弦の奏し方も異なる。
ということで、1952.1.27の演奏とは異なるという結論。
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2009-12-25 00:00 | Brahms Sym.1
d0135647_15282177.jpg日本フルトヴェングラー協会
WFJ-77/78
グルック 「アウリスのイフィゲニア」序曲
フルトヴェングラ- 交響曲第2番
フルトヴェングラー/
ウィーン・フィル
1953.2.22

STEREO表記
会報には、
「特記すべきは今回の定期がステレオで収録されていることで左チャンネルの第1バイオリンと右チャンネルの第2バイオリンの対峙が聴取出来ることです。」
と記載されている。

「多少ぼやけているが本物のステレオ」との評価もあるが真相はいかに。
第1楽章、第3楽章はかなりぼやけている部分もあるが、第2楽章、第4楽章冒頭などは、ステレオのようにも聴けるが。
Theater同様、音は左偏重ではないか。
詳細は研究者からのデータの提供待ち。
[PR]
# by FurtwanglerCD | 2009-12-24 23:27 | Furtwangler