フルトヴェングラーの同演異盤CDを探訪する


by Furtwanglercd
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「ストックホルムの『第5』」 KING

d0135647_1713296.jpgフルトヴェングラー/ウィーン・フィル
1950.9.25
ストックホルムでのライブより

1.ハイドン:交響曲第94番「驚愕」
2.シベリウス:交響詩「伝説」
3.ベートーヴェン:交響曲第5番

KING
KICC-2119

1.後のスタジオ録音よりも、ライブならではの熱気と力が漲っている。
「驚愕」部分も、当然、聴衆を意識してか、聴こえるか聴こえないかの「かすかなピアニシモに一度落としてから、雷鳴のようなアタックを繰り出している」(ジョン・アードイン「フルトヴェングラー グレイトレコーディングス」(藤井留美訳))。

2.戦時中のベルリン・フィルとの「畢生の名演には及ばない」(同上)との評価もあるが、ウィーン・フィルならではの絹のような柔らかなサウンドが生かされた名演だろう。
事実、ピーター・ピリーは「並外れた演奏」と評価している。
柔らかで高貴な弦楽器の音色によって、哀感あるメロディーが紡がれて行く。クライマックス部分のうねるようなVnのフレーズからTiの怒涛の打ち込みへと、美しいところは美しく燃えるべきところは燃えている。

3.後のスタジオ録音による細部に至るまでの完成された彫刻と言うわけにはいかないが、確かな造形のもと、各フレーズがしっかりとしっとりと描き分けられて行く。

当CDは、MUSIC&ARTS盤と同じく、スウェーデン放送のディスクから製作されたテープ音源。後者よりノイズは大きいが、その分、音はこもらず前面に出てくるし、音色感もある。

「ストックホルムの第5」の同演異盤
1.PALETTE PAL-1024
  盤起し。まさにLP再生そのものと言えるような良い音。☆
2.MUSIC&ARTS △
3.KING KICC-2119 △
4.MUSIC&BRIDGE MB-4602(CD-R)
  盤起し? 1より音は粗く、分離も悪い。△
5.フルトヴェングラー・センター WFHC-009/010 
[PR]
by furtwanglercd | 2008-08-26 23:12 | Beethoven Sym.5